抜歯が必要なときとは?

歯科治療をスムーズにするためには、可能な限り早期に治療を受けることが大切です。
たとえば、虫歯ができた場合、そのときの状態によって治療方法が変わってきます。
やはり、虫歯が進まないうちに治すことが大事なポイントです。
虫歯が進むと、治療に時間が掛かるだけでなく、痛い思いをする可能性も高くなります。
最悪の場合、抜歯が必要になることも知っておきましょう。
歯を抜くときは麻酔を使いますが、麻酔が切れたときに痛みを感じることもでてきます。
もし、不安なときは身近な体験者に話を聞いておくと役立つかもしれませんね。
それとは別に、抜歯が必要なケースもあります。
「親知らず」の抜歯は典型的な事例です。
親知らずは全部で4本ありますが、すべての人に生えるとは限りません。
また、親知らずが生えても、4本揃わない人もいるでしょう。
ただし、親知らずの生え方によっては、ほかの歯に悪影響を及ぼすこともでてきます。
その場合は、抜歯が必要になってきます。
親知らずの具体的な抜歯方法については、歯科医師と相談することが大切です。
そのうえで、必要以上に怖がらないようにしましょう。